HOME マガジンTOP ピックアップ記事 「究極の卵かけご飯」を食べに!TABICAの農業体験ツアーに参加してみた!
107

「究極の卵かけご飯」を食べに!TABICAの農業体験ツアーに参加してみた!

2016.03.31

107
みなさんは「究極の卵かけご飯」を食べたことはありますか?
今回、Yururila編集部では「究極の卵かけご飯」を食べに、TABICAの農業体験ツアーに参加してきました。
年頃の女子が、あまりの美味しさにのけぞってしまった「究極の卵かけご飯ツアー」の模様をゆる〜くお楽しみください♪

TABICAって?

スクリーンショット 2016-03-31 12.37.41
今回Yururila編集部では、「TABICA(たびか)」というサービスを使って、「究極の卵かけご飯」を食べるツアーに参加しました。
TABICAは、「地域の暮らしを旅する」をコンセプトにした、地元の人と交流ができる地域体験予約サイトです。

よくある観光ツアーとは違って、地元の人たちの案内のもと、農業体験やDIY体験、ジャム作りや釣りなど、その地域のその人に出会うことでしか体験できない「地域に根ざした旅」を体験できるのが大きな魅力です。
衣・食・住、バラエティ豊かなプログラムが土日平日問わず開催されています♪

>>TABICAのウェブサイトはこちら<<

いざ、究極の卵かけ御飯を求めて浦和へ!

バス停
上野駅から電車で約20分、そこからバスで約15分ほど行ったところに今回の舞台である浦和市見沼地区はあります。

ちなみにこちらはYururila編集部の元気女子の佐竹ちゃん♪

IMG_0711
我らがYururila編集長(クマ)も来ています。

都心からも1時間以内で行けちゃうところに、こんなに豊かな自然があるんですね〜!

卵かけご飯を美味しく食べるために!農業体験スタート!

できるなら今すぐにでも食べたい究極の卵かけご飯ですが、すぐに食べられるわけではありません。TABICAの魅力は何と言っても「体験」にあります。ということで、究極の卵かけご飯を食べるために3つの体験を楽しんできました♪

究極のおかずをゲット!天ぷら用の菜花採り

IMG_0653
究極の卵かけご飯には、究極のおかずが必要です。
ということで、菜花の天ぷらを作ることに!いざ、畑で菜花を収穫です!
菜の花
とれたての菜花はその場で食べることができるんです!苦いイメージのあった菜花でしたが、とれたて新鮮なものはみずみずしくて、ほのかな甘みがありました。正直、もう菜花だけでもずっと食べてたかったです…!

IMG_0673

油の中へ菜花をダイブさせます!

一同「最高かよ!」

これに塩をまぶして天ぷらは完成!

養鶏場でニワトリさんの巣から卵を収穫!

IMG_0677
「究極の卵かけご飯」を作るためには究極の卵が必要!ということで、いざニワトリ小屋に潜入!
IMG_0675
恐る恐る巣に手を突っ込みます…!
佐竹ちゃん「怖くない怖くない……」
IMG_0676
\ジャーン/

これが究極の卵!とれたての卵は殻の時点でツヤが美しいですね。

羽釜で火をつけるところから!米が立つホカホカご飯を炊く!

IMG_0701
究極の卵と究極のご飯が揃って初めて、究極の卵かけご飯は完成します。
みなさんはお米を羽釜で炊いたことはありますか?お米を美味しく食べるなら羽釜炊きは最高の方法です。
IMG_0680
こちらはYururila編集部のヂンバくん。ワラが似合いますね。

まず、お米を炊くために畑で集めたワラを燃やしていきます。卵かけご飯にはおこげが不向きであるために、火加減が重要となってきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

焦げないように焦げないように、少しずつ丁寧にワラを足す作業を20分、10分間蒸らして、炊き立てご飯の出来上がりです!

待つこと30分。。。

IMG_0684
見てください、この湯気!ふっくらとした美味しそうなご飯!
佐竹ちゃんのこの笑顔が全てを物語っていますね!
炊き立てのご飯の香りが食欲をそそります!

ついに完成!究極に旨い卵かけご飯!

FullSizeRender 2

ご飯とと卵と、今回のツアーのホストであるINAKA PROJECTさんが作ってくれた味噌汁を並べます。

卵かけご飯を10倍美味しくする方法

早く究極の卵かけご飯を見てみたいあなた、もう少しだけお待ちください!

すでに最高の卵かけご飯の素材は揃っていますが、卵かけご飯を10倍美味しくするための作り方をご紹介します。

1.ご飯に白身だけかけて、かきまぜよう!

IMG_0707
まずは白身だけをかけて、メレンゲ状になるまで全力でかきまぜます。

白身の扱いを制するものが卵かけご飯を制すると言っても過言ではありません。

2.卵黄をセンターに投入!黄身も十分にかきまぜよう!

FullSizeRender 2
黄身をご飯の上に電撃投入させた後は、白身同様、黄身とご飯を絡めましょう!

3.卵かけご飯専用醤油をかけて、最後のかきまぜ!

FullSizeRender 3
卵かけご飯専用の醤油を3回転ほどかけて、やさしく、すべてを包み込むようにかきまぜます。

\完成/

IMG_0683
ご覧ください!これが、究極の卵かけご飯です!

気を取り直して…「いただきます!」

FullSizeRender 3

佐竹ちゃん「〜〜〜っ!!!美味しい〜〜〜!!!」

思わずのけぞってしまった佐竹ちゃん。

究極の卵かけご飯へたどり着くためのプロセスが、さらに卵かけご飯を美味しくさせたのでしょう。

IMG_0700
まだ肌寒い季節。味噌汁が身体と心をポカポカにさせ、幸福感を増幅させます。

FullSizeRender 5
そして究極のおかず、菜花の天ぷらがテーブルを彩るのです。
美味しいのは当然ですが、揚げたてのサクサク感がなんとも楽しいんです♪

卵、ご飯、菜花の天ぷら、味噌汁…
ご飯を噛みしめると瞼の裏に浮かぶ究極の食材たち。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
女子でもおかわり間違いなし!

心を込めて「ごちそうさま」を言う一同なのでした!

今回の旅のホストはINAKA PROJECTのみなさん

IMG_0694
今回の旅のホストを務めてくださったのは、INAKA PROJECTのみなさん。
INAKA PROJECTとは、みんなの『田舎でやってみたいワクワク』をカタチにするイベントやワークショップを開催しています。
「日常に刺激がほしい!」「自然の中で新しいことにチャレンジしたい!」「家と会社以外の第三の居場所がほしい!」
そんな方は是非ともINAKA PROJECTのプログラムに参加してみましょう!
Yururila編集部が全力でオススメします♡

>>INAKA PROJECTのウェブサイトはこちら<<

卵かけご飯の次は田植え!今オススメのTABICAの旅

144_t
TABICAの今後注目のプロジェクトとして「田植え体験 ユネスコ未来遺産で、お米づくり」が5/14〜6/5の期間中、「究極の卵かけご飯」の舞台である埼玉県浦和市見沼地区で開催されます。

究極の卵かけご飯の重要素材であるお米づくりに、がっつり関われちゃうこちらの企画。
大人数でも参加できますし、お友達を誘って、最高の汗をかいて、美味しいご飯を食べましょう!

>>都心から1時間のユネスコ未来遺産で、お米づくりのPROJECT!<<

さいごに

IMG_0703
いかがでしたか?

昔から「汗をかいた後のご飯は美味しい」とは言いますが、気持ちのよい自然の中で、楽しい仲間と汗をかいて、美味しいご飯を食べる。
こんなに嬉しいことはありません。

TABICAでは、都会にいると見落としがちな大切なものに気づくことができるプログラムがたくさんあります。
みなさんもぜひとも参加してみてくださいね。

↓TABICAのウェブサイトはこちら↓
logo


このトピックスをみんなとシェアする
107

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

ページトップ