HOME マガジンTOP ピックアップ記事 【前編】都電荒川線エリアをゆるり途中下車の旅!YURURI RUN-AWAY Vol.1《都電荒川線編》レポート
スクリーンショット 2015-11-12 19.41.14

【前編】都電荒川線エリアをゆるり途中下車の旅!YURURI RUN-AWAY Vol.1《都電荒川線編》レポート

2015.11.20

スクリーンショット 2015-11-10 15.22.40

こんにちは!

冬物を羽織る季節がやってきましたね。

厚手の手編みニットに見せかけて、うっかりガーリーなスカートを頭にかぶってしまったYURURILA編集長です。(毎回ごめんなさい)

さて、今回は、10月4日にYURURILA主催で開催した「ゆるり途中下車の旅」こと、「YURURI RUN-AWAY」のイベントレポートを前編後編に分けてお届けします。

【後編】都電荒川線エリアをゆるり途中下車の旅!YURURI RUN-AWAY Vol.1《都電荒川線編》レポート

YURURI RUN-AWAYって?

e0ef3ff120d91a3c30f52329bdc3f151_l-400x258

「ゆるりと」
「RUN-AWAY」=「日常からのプチ逃避行
をコンセプトに、普段テレビであまり取り上げられないようなローカルエリアを旅する、ゆるリラ系旅イベントです。

参加者のみなさんとYURURILA編集部メンバーが交流しながら旅を楽しみ、訪れた先で出会った人とのゆる〜い会話や、美味しい食べ物、旅先で訪れたオススメのお店情報などを、最終的に記事にしてYURURILAに掲載します。

YURURI RUN-AWAY ならではの楽しみかた

①ローカルエリアをゆる〜く楽しむ

②ゆるく楽しく参加者同士が交流する

③みなさんのゆるい旅道中やおすすめスポットが記事になる

という3ポイントが、YURURI RUN-AWAYならではの特徴と言えるでしょう。

いざ「都電荒川線エリア」へランナウェイ!

IMG_8952

記念すべき第一回目の今回は、東京都の味わい深い下町である「都電荒川線」エリアへとランナウェイしてきました。

今回は、こちらの記事を見て集まってくださった方と、YURURILA編集部合わせて、10名+白いクマ1頭の参加となりました。

それでは、以下、レポートをゆるゆる書かせていただきます。

InstagramページにYURURI RUN-AWAYの当日の写真をアップしていますので、こちらもご覧ください。

YURURI RUN-AWAY Instagram

日比谷線 三ノ輪駅に集合!

12077123_975396449170219_1007793973_n

当日は、日比谷線三ノ輪駅に11時30分に集合しました。

なんと、参加者10名+1頭のうち、7人と1頭が遅刻!

遅刻を見越しての11時30分集合だったのに、初っぱなから遅刻祭りとは、なんというゆるさでしょう…笑

近場のコンビニでバナナなどを買い、出発!

ちなみに、おやつは500円までOKです!

昭和の香りのする商店街「ジョイフル三ノ輪」をぶらり

スクリーンショット 2015-11-10 16.17.06

まずは、三ノ輪駅の近くにある商店街「ジョイフル三ノ輪」をぶらぶら歩いてみました。

まず、「ジョイフル三ノ輪」という名前がなんとも味わい深いですね。

スクリーンショット 2015-11-10 16.21.02

商店街といえば、お惣菜屋さんががどこにでもありますよね。
ジョイフル三ノ輪のお惣菜屋さんには、こんなに美味しそうな手羽先がなんと40円で販売されていました。

これはアガりますね!(揚げ物だけに)

IMG_8845

こちらは商店街に置いてあった自販機。

ミルクセーキが売っているのを見たのはいつぶりでしょうか…

下町の商店街の自販機って、普段あまり見かけない飲み物がたくさんあって楽しいですよね。

IMG_8837

今回のYURURI RUN-AWAYにはご家族での参加も!

IMG_8894

和菓子屋さんを通ると、お店のおかあさんが団子をくれました!

下町、あったかいなぁ。

IMG_8896

美味しそうに団子を頬張るあっ君。

IMG_8897

「まいう〜〜〜〜」

懐かしくも新しいあられ屋「をかし 楽市」さんに突撃取材!

スクリーンショット 2015-11-10 18.35.56

YURURI RUN-AWAYでは、旅の道中で見つけた魅力的なお店に突撃取材をし、許可がいただけたらYURURILAに掲載しちゃおう!という取り組みをやっております。

今回突撃したのは「をかし 楽市」さん。

IMG_8906

楽市さんは、白くて小さいかわいらしい佇まいのあられ屋さん。

ジョイフル三ノ輪の一角で、このように、様々な種類のこだわりのあられを販売しています。

IMG_8935

試食をさせていただいて、YURURILA編集部の中でも人気が高かったのはこちらの「こぶ塩」味。

他には「だし醤油」、「リッチコンソメ」、「山椒」味などもありましたが、どれも手が止まらなくなってしまうような「やめられない とまらない」系の美味しさでした!

IMG_8944

サクッサクッとした食感が楽しく、ダシが効いた味はお酒のツマミにも、小腹が空いた時のおやつにも間違いなくバッチシです。もう最高です。

IMG_8934

こちらが今回取材をさせていただいた店長の相馬さん。

元々はデザイン系のお仕事をされていたそうですが、意を決して、楽市さんをスタートさせたそうです。

まだオープンして長くはありませんが、懐かしくて新しい、あられの味わい深さと店長さんの温和な人柄は、YURURILA編集部が胸をはってオススメします!

ジョイフル三ノ輪の店舗だけでなく、都内の百貨店やデパートで販売も行っているそうなので、気になる方は楽市さんのfacebookページをぜひとも見てみてください。

店長さんの一言や、販売情報などはこちらからチェックできます♪

をかし 楽市Facebookページ

IMG_8932

————————————

をかし 楽市 三ノ輪工場店(ジョイフル三ノ輪内)

東京都荒川区南千住1-25-11

電話:0120-926-107

営業時間:平日 18:30~/土日祝日10:00~《不定休》

————————————

2015年10月時点での情報ですので、変更がある可能性があります。

都電荒川線の路面電車に乗車!

スクリーンショット 2015-11-10 19.42.31

美味しいあられを楽しんで満足したYURURILA編集長ご一行。

都電荒川線といえば路面を走る昔懐かしいチンチン電車。

レッツ乗車!レッツランナウェイ!

スクリーンショット 2015-11-10 19.45.51

こちらの一日乗車券を購入して出発!

電子マネーもいいですが、手触りのある切符は旅への愛着を増しますね。

荒川遊園地前駅で降りてランチタイム

IMG_8966

都電荒川線三ノ輪橋駅からおばあちゃんでいっぱいのチンチン電車に揺られて、15分ほどで荒川遊園地前駅に到着。

荒川遊園地前駅といえば、都内唯一の都営遊園地「あらかわ遊園」がある場所です。

遊園地!逃避行にはもってこいの場所ですね!楽しみ〜!

IMG_9006

ちなみにこちらはYURURILA編集部のマーク君

電車で15分かかる道のりを、「走っていくで!」と言い放ち、おもむろに走りはじめた時の様子です。

絵面的にそんなに面白くなかったので、カットしますね。

スクリーンショット 2015-11-11 13.32.31

この日、荒川遊園地前ではフリーマーケットが開催されていました!

ぶらりと立ち寄った一同。

我らがYURURILA編集長は、お店のおかあさんに600円のひらひらスカートを勧められていました。

IMG_6062

ご覧の通り、まんざらでもなさそうな表情でした。

23区唯一の公営遊園地「あらかわ遊園へ!

スクリーンショット 2015-11-12 19.38.08

そして到着した荒川遊園地前

荒川遊園地は、荒川区が運営する東京23区内唯一の公営遊園地です。

入場料は大人一枚なんとたったの200円!!!

1950年に開園した、「わくわくメルヘンランド」にレッツランナウェイ!

スクリーンショット 2015-11-12 19.41.14

中に入ると、あらかわ遊園のランドマークである観覧車が編集部一同を迎え入れてくれました。

画像上部の線路を走る車は「スカイサイクル」というアトラクションです。

高所恐怖症なYURURILA編集長は、今回は地上にある乗り物にだけ乗ることにしました。

IMG_6063

これは高所に怯えてますね….

aillis201511131139744

ということで、地上で、部下の副編集長(ペーパードライバー)とパトロールカーに乗ってみました。

…荒い運転でした。

スクリーンショット 2015-11-12 20.25.32

あらかわ遊園にはたくさんの動物がいます。

猿に狙われる編集長…

スクリーンショット 2015-11-12 20.26.05

キツネザルにも狙われる編集長….

スクリーンショット 2015-11-12 20.25.48

ヤギには見向きもされない編集長……

他にもポニーに乗れるコーナーや、小動物たちと遊べるコーナーなんかもありました。

スクリーンショット 2015-11-12 20.33.05

こちらは、園内を走る汽車が通る線路。

トンネルと落ち葉が秋らしさを演出して、とってもいい感じでした。

隠れたシャッタースポットですね!

スクリーンショット 2015-11-12 20.37.09

園内のリラックススポットと言えば、この釣り堀でしょう。

1987年にオープンしたという歴史ある釣り堀。

老若男女問わず多くの方が、ゆる〜くリラックスして釣りを楽しんでいました。

こんな街中で釣りを楽しめるなんて!

まさにYURURILAスポット

大きなテーマパークほど、豪快なアトラクションや、かわいいキャラクターグッズがいっぱい売られているわけではありませんが、あらかわ遊園にはあらかわ遊園にしか絶対に出せない「ゆるさ」「懐かしさ」がありました。

たった200円でここまで楽しめるなんて!と心の底から満足した一同。

ペーパードライバーの副編集長は「こういう場所でデートがしたい」って14回くらい言っていました。

あらかわ遊園さん、楽しい時間をありがとうございます!

スクリーンショット 2015-11-12 21.33.27

————————————

あらかわ遊園

東京都荒川区西尾久六丁目35番11号
あらかわ遊園ホームページ

————————————

街のたこ焼き屋さん「ふく扇」へ!

12067150_968620109864277_219636636_n

お腹を空かせた一同。

ぶらぶら住宅街を歩いていると行列ができるたこ焼き屋さんを発見!

お店の名前は「ふく扇」

「たこ焼き」という赤いノボリが目印です。

「行列ができる」というフレーズはよく使いがちですが、あからさまに行列ができていました。

子どもから、ベビーカーのお母さんまで、幅広い年齢の人が並んでいました。

12071498_968620079864280_1351791724_n

ちなみにこちらが店主の手塚さん。

ふく扇は創業20年。

奥さんの後を継ぎ、手塚さんは13年間、ここでお店をやっているそうです。

ザ・たこ焼き屋の店主さん!といった雰囲気の方でした。

12092248_968620069864281_739483651_n

メニューはこんな感じ。

たこやきとたこ扇がとってもリーズナブルな値段で楽しめちゃいます!

たこやき14個で450円はコスパいいですね〜!

12086832_968620073197614_1867192969_n

やはりプロのたこ焼きテクニックはすごい!

無駄のない手さばきでクルックルとたこを転がしていきます。

これを書いてる今も動画を撮ればよかったとちょっと後悔するレベル!

12077516_968620059864282_566000563_n

たこせんも実食!

この写真の構図の「もっとなんとかならなかったのか」感は置いておいて、100円だけどお腹が膨れる美味しいたこせんは、子どもたちからも大人気でした!

これまでも「下町」感に満ち満ちたスポットを紹介してきましたが、こちらの「ふく扇」さんは「下町の極み」と言っていいほどの、地域に愛される人情味溢れるお店でした。

手塚さん、またお邪魔します!

12092700_968620106530944_1997368326_n

————————————

『ふく扇』

東京都荒川区西尾久6丁目29−7

電話:03-3810-7708

————————————

次回予告

スクリーンショット 2015-11-12 22.32.32

下町情緒で心を満たし、美味しいたこ焼きでお腹を満たしたご一行。

常に笑いっぱなしの珍道中。

前編はひとまずここまでです。

ゆるゆるした要素が都電荒川線エリアにはいっぱい!

後編では、東京で一番低い山を日本一短いモノレールで登ったり、象に食べられたりと、引き続きゆるゆると楽しみます♪

後編もお楽しみに!

【後編】都電荒川線エリアをゆるり途中下車の旅!YURURI RUN-AWAY Vol.1《都電荒川線編》レポート


このトピックスをみんなとシェアする
スクリーンショット 2015-11-12 19.41.14

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

ページトップ