HOME マガジンTOP 医療・家庭の医学 外出先で夏バテに気づいたときの対処方法って?
thermometer-70598_960_720

外出先で夏バテに気づいたときの対処方法って?

2016.08.17

thermometer-70598_960_720
夏はレジャーを楽しんだりお祭りに行ったり、外での活動が増える季節ですよね。しかし、楽しい思い出と一緒に疲労も溜め込んでいませんか?夏もいつも通り仕事だよ〜、という方も通勤時に暑さを感じて疲れが倍になってしまっていませんか?疲れを溜めると夏バテの原因になってしまうので要注意です。この記事では、夏バテになってしまった場合の対処法についてお伝えします!

こちらの記事では、夏バテ防止にぴったりなリラクゼーションサロンをご紹介しているので、ぜひチェックしてくださいね。

関連記事:スッキリ爽快!夏バテ防止におすすめのリラクゼーションンスポット3選

吐き気、めまい…夏バテ簡単チェック!

DI_IMG_5697_TP_V
では、どのような生活をしていると夏バテになってしまうのでしょうか。
食欲がない、なんとなくだるい、炭酸飲料や冷たい飲み物ばかり飲む、湯船に入らずシャワーで済ます、などの生活習慣に当てはまっている方は要注意。すでに夏バテ予備軍になっている恐れがあります。

この症状がでたら危険信号!

traffic-lights-1024845_960_720
では、どんな症状が出たら夏バテと言えるのでしょうか。
全身のだるさ、疲労感、食欲不振や、立ちくらみ、便秘、下痢などの症状を抱えている方は本格的に夏バテ状態に陥っていると言えるでしょう。夏バテを甘く見ていると熱中症などと言ったもっと重い症状になりかねません。気づいたらすぐに対策を取ることが大事です。

夏バテの対処方法って?

saya0I9A4204072170615_TP_V
夏バテに気づいたらすぐに対策が必要、とは言っても、具体的に何をすればいいのでしょうか。
まず、体が急な温度の変化に追いつけなかったため自律神経が乱れてしまったことが原因の場合が多いので、冷房の効いた部屋で体を冷やしすぎないように気をつけましょう。

また、運動不足も一つの原因となります。ウォーキングなどで体に汗をしっかりかいてもらいましょう。そしてもう一つ大事なのが水分補給です。冷えすぎた水やジュースなどではなく、適温のお水を毎日意識的に摂取するようにしましょう。

まとめ

apple-841169_960_720
いかがでしたか?夏バテは誰にでも起こりうる症状です。体温調節や水分補給、適度な運動、バランスの良い食事、というように、夏は普段以上に生活習慣に気をつけましょう。
94961532d168ec28d75659ad88193ae1-400x176
また、疲労を溜めてしまうと夏バテになる可能性はより高まります。普段生活習慣に気を使う余裕がない、という方はリラクゼーションサロンで体を癒すというのも一つの手です。
Re.Ra.Kuは東京NO.1出店数を誇る人気のリラクゼーションスタジオです。ぜひお近くのRe.Ra.Kuに足を運んでみてくださいね。
詳しくはこちら

関連記事:スッキリ爽快!夏バテ防止におすすめのリラクゼーションンスポット3選

記事参考元:
http://www.skincare-univ.com/article/011107/
http://www.yamato-gr.co.jp/ans/08-07/#7-2
http://specialdeals.pw/781.html
このトピックスをみんなとシェアする
thermometer-70598_960_720

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

ページトップ