HOME マガジンTOP 医療・家庭の医学 実は怖い夏バテ!”冷房病”の症状と対策って?
room-1334323_960_720

実は怖い夏バテ!”冷房病”の症状と対策って?

2016.08.18

room-1334323_960_720
「冷房病」とは、夏に起こる、冷え性に似た症状のことです。女性に多いというこの冷房病ですが、自分では気付かずにかかっている可能性もあるんです。今回は冷房病の症状やその対策をまとめてみました。

「最近夏風邪で正直しんどい…」という方は、こちらの記事も読んでみてくださいね。
関連記事:長引く夏風邪をすっきり治すために摂るべき栄養素3選

吐き気や頭痛?冷房病の症状って?

PAK160130080I9A6687_TP_V
冷房病の症状は冷え性の症状に似ていると言われています。具体的な症状としては、頭痛、肩こり、腰痛、腹痛、疲労感、食欲不振、不眠症などが挙げられます。
悪化すると吐き気を伴うこともあるんだとか。仕事やショッピングに外食など、夏にはどこに行っても冷房がかかっているので、常にこの症状に悩まされてしまうんです。

「なんとなくだるい」は冷房病かも?!

PAK85_lalamaskatamaitai20140321_TP_V
冷え性の女性が多いように、冷房病の女性も多いんです。夏になるとなんとなくだるい、と感じている方ももしかしたら冷房病かもしれません。
冷房病がひどくなる前に、冷房が効いている部屋で体を冷やさないように注意しましょう。

室内外の温度差5度以上で冷房病は発症する!

PAK86_inakanonatu_TP_V
温度差が5℃以上の屋外と屋内を行き来するだけで、体温調整をしている自律神経が対応できなくなってしまうんだとか。それによって体のバランスが崩れてしまい、冷房病になってしまうんだそうです。

まとめ

reiboubyou-e1439276668441-660x399
出典:http://beautyanswers.jp/kenkou/reiboubyou/

いかがでしたか?自分の身にも起こりうる症状だということを実感していただけたでしょうか。
出かけるときはひざ掛けやカーディガンなどを持ち歩いて、なるべく体を冷やさないようにするなど、注意してくださいね。

94961532d168ec28d75659ad88193ae1-400x176
また、自律神経の乱れというのは、ストレスが原因でも起こってしまうんだとか。ストレスをため込まないためには体をリラックスさせることが大切です。
たまには、マッサージや整体など、専門的なリラクゼーションサロンで体をリラックスさせるのもオススメですよ。

Re.Ra.Kuは東京NO.1出店数を誇る人気のリラクゼーションスタジオです。ぜひお近くのRe.Ra.Kuに足を運んでみてくださいね。
詳しくはこちら
またYURURILA_SALONでも約2万店のサロン検索ができるので、是非活用してみてくださいね!

関連記事:長引く夏風邪をすっきり治すために摂るべき栄養素3選


記事参考元:

http://www.hiesyou.com/lst20202/
このトピックスをみんなとシェアする
room-1334323_960_720

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

ページトップ