HOME マガジンTOP 医療・家庭の医学 ストレスで生理が来ない…その原因と対策について
10655

ストレスで生理が来ない…その原因と対策について

2016.05.13

10655

過剰なストレスを受け続けると、人間の体はさまざまな対応を示しますが、そのひとつが生理の遅れです。ストレスを避けられない現代社会においてはどうしたらよいのか、対策を考えながら生理に及ぼす影響を見てみましょう。

生理が来ないとこんな不具合が

女性にとって妊娠していないのに生理が来ないということは、病気の原因も考えられ見過ごせない状況です。 生理が来ないまま放置すると、子宮や卵巣の機能が衰えて、妊娠しにくい体になってしまうことも。

放置する期間が長ければ長いほど、リスクは高まります。 いざ赤ちゃんが欲しいと思っても体がダメージを受けていた…ということにならないよう、早めにケアすることが大切です。 生理が来ないことをもっと深刻に考えて、対策を立てるようにしましょう。

ストレスと生理が来ない原因との関係を探る

生理不順を引き起こす、最大の原因とも言われるストレス。 ストレスを受けると、体をコントロールしている視床下部や脳下垂体が影響を受けます。 これらはホルモンの分泌もコントロールしているため、ホルモンの分泌が乱れて体に不調があらわれしまうのです。

月経を司るエストロゲンとプロゲステロンといった、女性ホルモンの分泌も乱れてしまいます。 生理の時期が不規則になるのはこのためです。 これらホルモンや、視床下部、脳下垂体のどれかに不具合が出ると、すぐに体に影響が出てしまうのです。

仕事の締切など一時的なものなら、強いストレスを受けても時間が経てばまた生理の周期は整っていきます。 しかし、数カ月経っても整わない場合などは、放置しないで医師の診察を受けるようにしてください。

ストレスを溜めない、発散する方法とは

人間関係や仕事、病気などから発生するストレスを、まったくなくすのは無理ですよね。 そのため、ストレスと上手に付き合うことを考えなければなりません。 以下のことを実践して、ストレスをかわすか、やり過ごしてみましょう。

脱・完璧主義

何事も100%を目指すと体も心も疲れてしまいます。これぐらいでいいか、と妥協するのもときには大切です。

過去より今とこれから

過去はどうやっても変えられません。変えられないことでクヨクヨ悩むのは意味がありません。 それよりも、今とこれからに集中しましょう。過去の失敗や恥ずかしい思いは、時間が解決してくれます。

しっかり眠る

毎日睡眠時間を確保することも大切なこと。ついついスマホで夜更かししてしまう人も多いですよね。 寝室にはスマホを持ちこまないなどのルールを作ってみては。

お風呂に浸かる

忙しいとシャワーだけで済ませてしまうことがありますよね。 でも、それでは体の疲れはとれません。忙しいときこそ、お風呂に使って体をいたわるようにしてあげてください。

近しい人に愚痴る

愚痴ることは悪いこと、なんて考えもありますが、溜め込むぐらいなら友達や恋人に話してすっきり発散してしまいましょう。

体を動かす

ジョギングでもストレッチでもなんでもいいので、習慣にしてみましょう。

植物を育てる

部屋に緑があるのはいいものです。植物と接していると気持ちも穏やかになります。

アロマを取り入れる

コーヒーやラベンダーの香りはストレスを軽減するので、こうしたアロマを利用して気分転換するのもおすすめ。

ストレス解消は上にあげた以外にも、もちろんたくさんあります。自分が心地いいと思える時間の過ごし方を見つけて、 ぜひ日々の生活の中に意識的に取り入れるようにしてください。

著者: Rucora編集部

記事転載元:Rucora ストレスで生理が来ない…その原因と対策について

このトピックスをみんなとシェアする
10655

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

ページトップ