HOME マガジンTOP 医療・家庭の医学 不眠、外出が億劫… うつ病の悩みを経験者に聞いてみました!〜『メンタルヘルスのはなし』番外編〜
question-mark-463497_1280 (1)

不眠、外出が億劫… うつ病の悩みを経験者に聞いてみました!〜『メンタルヘルスのはなし』番外編〜

2016.04.13

question-mark-463497_1280 (1)
交友関係、不眠、病気のカミングアウトなど、うつ病にまつわる悩みは多岐にわたり、また、誰にも相談できずひとりで抱え込んでしまいがちです。そこで、今回はピアサポーター・黒川常治さんの連載コラム『聞きたかった!メンタルヘルスのはなし』のスピンオフ企画として、黒川さんに読者のみなさまから寄せられた質問にお答えいただきました。ぜひ参考にしてください。

Q.01 : 夜なかなか眠れません… 有効な対策は?

毎日の過ごし方を聞いてみたいと思います。規則正しい生活を心がけてはいるのですが、夜なかなか眠れないことや中途覚醒することも多いので、起床時間に影響が出る日もあります。生活スケジュールの立て方、秘訣を教えていただきたいです。(40代男性)

黒川氏「僕は眠るときに薬を飲みますので、平日は薬を飲む時間を決めています。少し早めの時間に飲んでいます。昼間の活動をしっかり取るためです。でも、一週間のうち土日や祝日は若干遅めにしています。毎日、きちんとやりすぎるのも結構しんどいものです。あえて土日祝はだらしなくしています。規則正しく時間を過ごすONの日と、ダラダラと過ごすOFFの日を作ってバランスを取っています」

Q.02 : 外出するのが億劫です…

外出するのが億劫で、「このまま外出できないのかな?」と、とても不安です。どのようにして、この状態を抜け出せばよいでしょうか?(30代女性)

黒川氏「病院には行けていますか? もし、病院に行けているのであれば、そのついでにどこか喫茶店などに立ち寄って、ケーキなど食べてみてはいかがですか? そして少しずつ他の店や図書館などにも立ち寄るなどしてはいかがでしょう。また、フリースペースを設けている地域活動支援センターなどもありますので、候補のひとつに挙げてみてください。もし、病院などにも行けていない時は、窓を開けて外の空気を部屋に入れるところからはじめましょう。窓越しに外の景色の変化に興味を持つのもきっかけのひとつです」

Q.03 : 病気について誰かに相談しましたか?

友人などに病気について相談しましたか? 相談した際にどういった風に打ち明けましたか? それに対して友人はなんと答えてくれましたか?(20代男性)

黒川氏「うつ病になったことを友人に伝えました。びっくりされましたが、「大変だね」と言ってもらえました。それまでと変わらず接してくれましたが、同じようなライフスタイルを続けることができず、どちらともなく関係が疎遠になっていきました。ただ、それは20年も前のことです。最近は精神疾患のことは昔よりは偏見が少ない(まだまだ啓発が必要ですが)ので、カミングアウトしてのリスクはやわらいでいるかもしれません」

Q.04 : うつ病を患ってからの、親との関係は?

両親とはどういうふうに向き合っていましたか?(20代男性)

黒川氏「僕は、中学1年生の時に父が他界しているので両親ではないのですが、母親は病気への認識はあまり高くないかもしれません。ただ、体調が悪いことは常に発信しています。できないこと、できなくなったことを求められることは辛かったです。今は別々に暮らしているので、たまに現状報告をしています。グループホームという福祉施設(住居施設)を利用するようになってから、この子は支援が必要な子なんだと少し変わった気もします」

Q.05 : 自分の気持ちを話すことができますか?

お医者さまの他にメンタルワーカーのような方がいる場合、その方に気持ちを全部話せますか? 話せましたか? 私はメンタルワーカーさんが質問してくる答えが自分でもわからず、ほとんど気持ちを話すことができませんでした。(20代女性)

黒川氏 「僕はカウンセラーと話をしていました。同じ男性だということもあり、安心して話をしました。もし、答えがわからない時は、はっきりと言わなくても、答えがわからない旨を伝えてみてください。気持ちは動きますし、はっきりと表現できるとは限りません。フィットする言葉が見つからない場合もあります」

Q.06 : 職場で病気についてカミングアウトは…?

職場や仕事関係の方に「うつ病」という病気のことは理解してもらっていますか? またどのように理解してもらいましたか?(20代女性)

黒川氏 「発病したての頃は、会社の人にはうつ病のことを話しましたが、なかなかそのしんどさを理解してもらえませんでした。その後もうつ病のことをオープンにして会社勤めをしましたが、病気を理解してもらうというよりかは、配慮してほしいことを理解してもらうようにしました。今は福祉施設で働いていますので、理解してもらっています」

※治療ノートではうつ病の体験談を募集しております。闘病中の方のためにも下記リンクよりご投稿よろしくお願い致します。

https://www.c-notes.jp/campaigns/experiences/new?id=69

記事転載元:治療ノート 不眠、外出が億劫… うつ病の悩みを経験者に聞いてみました!〜『メンタルヘルスのはなし』番外編〜


このトピックスをみんなとシェアする
question-mark-463497_1280 (1)

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

ページトップ