HOME マガジンTOP 医療・家庭の医学 うつ病を乗り越えて~職場復帰までの4つのプロセス~
af9920040376

うつ病を乗り越えて~職場復帰までの4つのプロセス~

2016.03.16

af9920040376
近年、うつ病などの精神疾患者の数が著しく増加傾向にあります。職場・仕事上のストレスが原因で発症する人も多く、以前に比べて一般的な周知・理解も進んできた昨今ですが、周囲や職場の理解がないために再発してしまうケースも…。うつ病と診断された場合、多くは休職という選択肢をとり治療に専念するわけですが、気になるのは職場復帰の時期やそのプロセス。今回は、職場復帰までの流れや復職支援制度などをご紹介します。

うつ病から職場復帰までの流れ

うつ病は発症から回復に至るまでに大きな流れがあります。主に急性期回復期再発予防期と分かれますが、それぞれの時期に適した治療や生活を行うことでゆっくりと回復していきます。

うつ病は再発予防期まで含めると数年単位で治療を続ける必要がある病気です。何より大切なのは、“焦らず、急がず”という心がけ。そのうえで、まずは職場復帰までのステップをご紹介します。

1.治療に専念する

診断から数ヵ月は治療に専念し、ゆっくりと体を休める必要があります。無理をせず、何もする気が起きなければ何もしないでゆっくり休めばいいですし、寝られなければ「寝よう、寝よう!」と無理をしなくてもいい。薬物治療と休養を2本柱に症状の改善を待ちます。主治医によって症状の改善が見られると判断されれば次のステップである「リハビリ期」に進んでいきます。

2.リハビリに取り組む

うつ病の症状が改善していき、次第にいろいろなことにやる気力が起きてくる時期です。しかし、調子のいい日もあれば、悪い日もある。非常に波のある時期です。調子がいいといろんなことができるような気になりますし、ご自身で職場復帰を焦ることもあるでしょう。しかし、この段階での職場復帰は時期尚早です。

以下の精神科医からのアドバイスも参考にしてください。

“身近にうつ病で休職中の方がいる場合、特に接し方に気をつけてほしい時期でもあります。職場復帰のために、この時期はまず生活リズムを整えるのが第一目標。これまでの出勤時間に合わせて起床し、少しずつ外へ出て日の光を浴びる。夜は決まった時間に寝て、規則的な生活リズムを整えます。
余裕が出てきたら散歩や買い物など無理のない範囲で外出し、読書などをして集中力を持ちなおすのもおすすめです。
特に朝きちんと日光を浴びることは生活リズムを整える上でとても重要なことです。朝カーテンを開けてしっかり太陽の光を浴びてください。(東京都 精神科医)”

3.復職の準備をしていく

次第に気分が安定してきたら復職に向けいろいろな準備を進めていきます。
まずは、復職後も同じ職場環境に身を置く方も多いので、自分の心と向き合う”自己分析”が必要。休職までの経緯を振り返って整理して、対処法を考えるのはとても重要です。

ここでオススメなのが「リワークプログラム」と呼ばれる復職支援。
地域の障害者職業センターや通院先の医院で行われているもので、決まった時間にこれらに通うことで通勤訓練にもなりますし、同じ病気の仲間と自己分析することで自分の課題にも気づきやすくなる場合もあります。運動などのプログラムもあり、一人でリハビリすることに不安を感じるならリワークプログラムの利用をおすすめします。主治医や看護士、精神保険福祉士などさまざまなスタッフがチームとなってリワークプログラムを行い、あなたの復職を支援してくれます。

合わせて行いたいのは、職場と連絡を取り合いながらの復帰準備です。職場復帰は主治医から復帰可能という診断書が出て初めて可能になります。この診断には復帰後の業務内容や会社の制度なども重要な判断材料となり、産業医や保健師、カウンセラーや労務担当者などと連携をとりながら職場復帰の土壌を整えることが大切です。

【参考】
うつ病など精神疾患・身体障害者の就職をサポート! 「就労移行支援」とは?

https://www.c-notes.jp/articles/151

4.復職後の再発予防をしていく

うつ病はとても再発しやすく、何より“再発予防”が復職後の最も大きな課題となります。

うつ病に悩む方の中には実際に再休職を経験されている方が多くいます。復職後、気持ちが焦ってしまうこともあるとは思いますが無理は禁物です。加えて、うつ病が改善してもその後一定期間薬を継続して飲み続けないと再発のリスクが高まります。
自己判断で薬を止めてしまうことはせず、しっかりと主治医と相談しながら再発予防に努めましょう。

まとめ ~焦らず、じっくりと取り組みを~

いかがでしたか?
うつ病からの職場復帰を4つのステップに分けてご紹介しました。

これらの職場復帰の流れは厚生労働省が事業者向けに作成した「(改訂)心の健康問題により休職した労働者の復職復帰支援の手引き」というものが根幹になっています。すべての会社が手厚い復職支援を用意しているわけではありませんし、転職を考えなければならない場合も出てくるかもしれません。しかし、まずは焦らずにじっくり職場復帰を目指す。そして復職できたら、できた自分に自信を持って新たなスタートという気持ちになれたらいいですね。

※治療ノートではうつ病など精神疾患の体験談を募集しております。闘病中の方のためにも下記リンクよりご投稿よろしくお願い致します。
https://www.c-notes.jp/campaigns/experiences

参考情報

https://www.c-notes.jp/articles/13

記事転載元:治療ノート うつ病を乗り越えて~職場復帰までの4つのプロセス~

このトピックスをみんなとシェアする
af9920040376

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

ページトップ