HOME マガジンTOP 医療・家庭の医学 間食にはこれ!糖質制限中におすすめのおやつ
11881-1

間食にはこれ!糖質制限中におすすめのおやつ

2016.03.14

11881-1

糖質制限を行っている間でも、おやつは食べられます。血糖値をあまり上げないおやつを選んでたまに食べることはダイエットのストレス緩和にも役立ちます。ドクター監修の記事で、糖質制限中でも食べられるおやつをご紹介します。

監修:管理栄養士・ロカボ料理研究家・機能性食品研究家・機能性料理研究家  麻生れいみ

ダイエット中だからおやつ厳禁、と自らに厳しく言い聞かせ、かえってストレスを溜めてしまうと、それもまた身体にはよくありません。
かといって、砂糖をたっぷりと使ったお菓子も避けたいもの。
ここでは、糖質制限中でも食べられる、糖質の低いおやつを紹介します。

糖質制限中でも食べられるおやつはある

糖質を多く含まない、低GI値のおやつ、または、おやつの代わりになる食材はダイエット中の頼もしい味方です。おやつを禁じるのではなく、これまでの食べてきたおやつを別のものに置き換えることで、糖質制限の生活を挫折することなく続けましょう。

「カロリー0」と表示されている食品

ゼリー状のものが多く、満腹感が得られます。こういった商品の多くは、糖類ではなく血糖値を上げない甘味料を使っています。こういった甘味料は胃や小腸などで代謝されることなく体外に出てしまうので、糖質を摂ることにはならず、血糖値の上昇もありません。

この甘味料にはいくつか種類があり、スクラロース、アセスルファムカリウム、サッカリン、アスパルテームなどは人工的に合成されたもので、エリスリトール、トレハロース、マルチトールは天然甘味料です。

まだ歴史が浅く、長期にわたり多量に摂取するリスクについて検証されていないものもあるので、一概に、多用していいとは言い切れませんが、ごくたまに、おやつが食べたいと思ったときに利用するくらいは問題ないと考えられます。

チーズやナッツ類

手をかけずにすぐに食べられるので、間食に向いています。どちらもカロリーが高いのでたくさんは食べられませんが、低GI食品であるため、糖質制限中は積極的に利用したいおやつです。ただし、栗やカシューナッツは糖質が多めなので注意してください。

無糖ヨーグルト

無糖ヨーグルトは糖質も少なく、GI値も低め。さらに、一緒に食べるもののGI値を下げる効果もあります。甘味が足りないと感じたときには、イチゴなどの糖質の少ないフルーツを一緒にとってもよいでしょう。

納豆や豆腐

甘い物ではなく、小腹が空いた…というときに最適です。大豆が原料のこれらの食品は低GIであり、かつ腹もちもよいのでおすすめです。

焼き鳥

鶏肉は基本的に低糖質。タレのついているもだと糖質が高くなるので、塩味のものを選びましょう。

こうした糖質制限中でも食べられるおやつを上手に利用し、ストレスなく糖質制限を続けていきましょう。

記事転載元:ヘルスケア大学 間食にはこれ!糖質制限中におすすめのおやつ

このトピックスをみんなとシェアする
11881-1

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

ページトップ