HOME マガジンTOP キャリア 本物の接客は本から学べ!「売れる販売員が絶対言わない接客の言葉」
54b3d9116df5d6fb6c18f1e613ce83d6_m

本物の接客は本から学べ!「売れる販売員が絶対言わない接客の言葉」

2015.12.08

54b3d9116df5d6fb6c18f1e613ce83d6_m
接客はいざしてみると非常に奥深いものです。
今日は「売れる販売員が絶対言わない接客の言葉」という本から、接客スキルを学んでいきましょう!

接客にはNGワードがいっぱい!

1507113295180105-thumb-815xauto-19199
実際の現場に立って接客をしてみると様々なNGワードの存在に気づきます。
その中でも接客の経験を重ねて徐々に慣れてきたときには特に気を付けなくてはいけません。
接客に慣れてくるとお客さんがどのようなものを探しているのかなんとなく予想ができるようになってきます。
しかしそうすると、そのお客さんの外見ですぐに判断してしまうようになりがちです。そこで「お客様ならこちらがおすすめです」などと声をかけてしまうと、もしいつもと違う洋服を探していたりした場合不信感のようなものを与えてしまいかねません。
接客力を鍛えることはお客様の状態を観察、分析して、最適な提案を柔軟にしていくことにあると言えるでしょう。

接客のNGワード

NGワードは身近なところに潜んでいます。無意識に使用していることが多いので、なるべく使わないように日頃から意識しましょう。

1バイト敬語
お店や会社自体の評判も下げかねないものです。一度癖がつくとなかなか改善できない言葉遣いは、度々正しい敬語を使えているか振り返ることが重要です。
2専門用語の多用
全然知識のない方に専門用語を使っても余計混乱させてしまうだけです。相手の情報量やどんなことが知りたいのかを見極めながら会話していくことが大切です。
3「よろしければ〜しませんか」
よろしければ、とお客様の意見を尊重しているようで逆に「売らせようとしてる!」というプレッシャーになり、お客様は引いてしまうのです。

関連記事:「よろしければ◯◯しませんか?」は逆効果!?接客業で売るためのOKワードとNGワードって?

先輩のワザをぬすもう!

40a125be614047c268ab4b9f0973e101_m
接客業に携わる人は誰しも一度は壁にぶつかるものです。
そんなときには身近にいる先輩の動きや言葉を観察して、それを良いお手本にしてなにか解決の手掛かりを掴みましょう。
中でも言葉使いは簡単に真似できると思います。
毎日先輩の使う言葉をメモして振り返る習慣をつけるのはひとつオススメです。

接客には「キャラ作り」も大切!?

MJ86_irassyaimase15163713-thumb-815xauto-18411
接客の技術といったものは、その人の雰囲気によって大きな影響を受けるものです。
だから先輩のワザをぬすむ際にも自分と近いキャラの人を参考にしたり、その先輩のキャラごと真似したりしてみるのもおすすめです。

最後に…

9a0aa_227_35d2925be01ba1ddce0cb3bd95c0c0e7

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/9856823/

周りの人をお手本にすることなど、すぐに始めらることもたくさんあります。
もっとたくさん知りたい方は、ぜひこの「売れる販売員が絶対言わない接客の言葉」を読んでみてくださいね。

以下の記事でも接客に関する重要ポイントをまとめているので、ぜひとも参考にしてみてください♪
関連記事:接客下手にさようなら! 今すぐできる接客の10のコツを教えます!

記事参考元:
http://logmi.jp/72144
http://www.uneidou.com


このトピックスをみんなとシェアする
54b3d9116df5d6fb6c18f1e613ce83d6_m

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

ページトップ