HOME マガジンTOP 美容・整体・リラク 接客下手にさようなら! 今すぐできる接客の10のコツを教えます!
imasia_11820376_M

接客下手にさようなら! 今すぐできる接客の10のコツを教えます!

2017.10.19

imasia_11820376_M-140x140

アパレルやエステ、マッサージ、カフェ、レストランなど、サービス業全般に関わる人達が避けては通れない接客と言うお仕事。頑張っていても、なかなか上手く行かない事もありますよね。

どうしてあんな風に接客が出来るんだろう? と思う様な先輩や他のお店の方々も1度は接客で悩んだ経験があるはずです。

あなたも、少しのコツを身につけて素敵な接客が出来るようになりませんか?

あなたにも出来る!コツをつかんで接客上手

c443ceb301d3310efab4ac6519c45e3d_m

お友達とのコミュニケーションは問題なくとれるのに、いざ仕事として始めるとこんなに違うものなのかと思われている方、そしてお客様とコミュニケーションを取りたい気持ちはたくさんあるのに、初対面の人との距離をどう取ったら良いのか戸惑ってしまう方など、接客の悩みは人それぞれ。

でも、みんなが悩んでいる事なんですよね。

その悩みを越えて、接客が上手くできるようになった方たちが実践している方法をあなたも取り入れてみましょう。そんなこと? と思うようなことでも実践してみると、お客様の態度や笑顔が変わってきますよ。

接客のコツは思っているよりも簡単!

smile-122705_960_720

接客のコツは実はとても簡単なものばかりなんです。

特別なスキルを手に入れる必要はありません。「気持よい笑顔のやり取りができるか」すべてはそこから始まっています。

でも、それは接客業に限ったことではありません。友達や家族とのやり取りでも当たり前のこと。それを少しだけお仕事モードに変化させましょう。

肩の力を抜いて、深呼吸。お客様の前にあなた自身の緊張をほぐし、苦手意識を克服しましょう。

大丈夫! あなたも素敵な接客が、ちゃんとできるようになりますよ。

関連記事:接客力を高めて差をつけろ!接客のコツ4選。

1:普通の顔は怖い顔?(接客中は常に笑顔)

01

お客様がお店のドアを開け、最初に目が合った相手が無表情では、そのままドアを閉めて帰ってしまいたくなりますよね。

お店に入ったとしても、その人と仲良く話ができる気がしません。よくあるのが「笑顔ではなかったけれど、普通の顔をしていたつもり」と言うこと。この「普通」は接客業では通用しないのです。

自分では普通の顔をしているつもりでも、笑顔以外はお客様に不安や不信感を抱かせてしまうことを忘れないようにしましょう。

関連記事:微表情学で学ぶ!お客さんに手応えがあるかどうかを見分ける方法





2:全ての基本!(挨拶を忘れない)

6947a68e5aa8c796420258361162ea5a_m

「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」を言い忘れてはいませんか? もしくは、他の人が言っているからいいかな、なんて思ってはいませんか?

今日は自分が担当しなくても、次はあなたが担当するかもしれません。自分のお客様でも、他の人のお客様でも同じ態度で挨拶をしましょう。

ちゃんと挨拶しています! という人も、ひとつひとつの音をはっきりと相手が聞きやすい声で挨拶をするように、もう一度初心に返って挨拶の練習をしてみましょう。

関連記事:いらっしゃいませ!気持ちのよい接客は「ファーストアプローチ」で決まる!

3:そのままとナチュラルは違う(身だしなみに気をつける)

imasia_779657_M

ありがちなのが「そのまま」と「ナチュラル」を間違えてしまっていることです。ノーメイクや髪をひとつにしばっているだけ、それは「そのまま」です。身だしなみを整えているとは言えません。

接客をする上で、よっぽどお肌に自信がある人以外は、ナチュラルメイクをしましょう。もちろん、お肌に自信があっても、眉を整えたり、産毛が多い人は剃ったりとお手入れが必要です。

髪をまとめる時も、ただ結ぶだけではなくブローをして髪をまとめましょう。計算して作る後れ毛はかわいいですが、ただゴム等に入りきらずに襟足から落ちている髪は、ボサボサの部類に入るものです。

ナチュラルとは、手をかけて美しく整えたもの。そのままでは、だらしない印象を与えてしまいます。

関連記事:接客業で働く女性のためのマナー&身だしなみ講座

4:口先だけの思いは伝わる(相手の素敵なところを探して好きになる)

f5887d261742548ae2e7459ad6043d56_m

「かわいいですね!」「素敵ですね!」と思ってもいないのに、お客様を褒めていることはありませんか? 口先だけで褒めていても、お客様にはそれが伝わります。

褒めているつもりが、逆に不快感を与えることになりかねません。思っていないのならば、無理に褒めない方がまだましなくらいです。

まず、お客様の素敵なところを探してみましょう。一人一人違う、気持ちのこもった褒め言葉が自然と口から出てくるようになりますよ。

関連記事:本物の接客は本から学べ!「売れる販売員が絶対言わない接客の言葉」

5:フレンドリーとなれなれしいは紙一重(言葉遣いと内容に気をつける)

05

笑顔で楽しい接客、大切ですよね。でも、あなたの「フレンドリー」は一線を越えていませんか?

「フレンドリー」と「お友達」は全くの別物。つい話が盛り上がって、言葉遣いが崩れたり、相づちのつもりで「だよねー、うんうん」なんて言ってしまったり……

お客様が笑顔で聞いてくれるからといって、自分自身の悩みなど話してしまうのもNG!

フレンドリーで、お客様が笑顔でも、言葉遣いは崩さないこと、ネガティブな話だけでなくネガティブワードも使わないということが大切です

関連記事:接客に本当に必要なのは「提案力よりも質問力」!その理由とは?

6:「お客様」でも対等に(謝りすぎない)

06

お客様には丁寧に接しましょう。とは言っても、ていねい過ぎて、まるで召使いのようになっている人はいませんか?

接し方は丁寧に、関係は対等に。それが、相手が心地よいと思う接客です。

全ての行動に「すみません」を付けている「申し訳ありません」を何度も言う、本当に謝らなければならない時は別ですが、それ以外で謝り続けていると、お客様の方が何か悪い事をしているような気持になったり、あなたが謝るような仕事しかできないのかと不信感を抱かせてしまったりしまいます。

関連記事:流行りの『抜け感』は接客にも必要だった!?お客様を惹きつける接客法って?





7:「はい」だけでは上手くいかない(相づちの打ち方)

07

お客様が話しがしやすくなり、満足感を与えることもできるのが上手い相づちです。

コミュニケーションでは大切な相づちですが「はい」ばかり繰り返していては、かた苦しさと本当に聞いているのか分からという印象を与えてしまいます。

相づちは「はい」だけでなく「そうですね」「えぇ」「そうだったんですか」「なるほど」など、バリエーションを持たせましょう。

目を合わせることができない状況であれば仕方ないですが、相づちを打つ時には必ず目を合わせましょう。

あなたの話を聞いていますよと、それだけで伝えることができます。

8:自分だけ話をしていませんか?(相手の話を聞く)

08

沈黙の時間があると気まずいからと言って、自分ばかり話していたりしませんか?

今日のお天気から始まって、季節によっては花粉症や風邪に効くものの話、お休みの日に行ったおいしいケーキ屋さんの話、映画の話……。

お客様の話すペースを考えず、ただ沈黙を埋めるためだけに一方的に話し続けると、お客様はそれだけで疲れてしまいます。

会話のスタートは何気ない話から、お客様の好みを探りましょう。そしてプライベートに踏み込みすぎない質問をしてみましょう。

「最近、映画を見に行ったりしましたか?」でも「甘い物はお好きですか?」などなんでも。

見に行った映画のジャンルからほかの好みを想像して話を広げたり、甘い物が好きと言えばその話をしたり、苦手と言えば食事やお酒などの話をしてみる。

お客様の興味のある話をすることで、楽しそうにご自分の話をし始めたら、相づちを打つ方向に変えて行きましょう。

関連記事:これであなたも聞き上手!「聞く力」を身につけて接客テクニックを向上させよう!

9:あなたが見ていなくてもお客様は見ている(気を抜かない)

09

お客様と顔を合わせている時には、笑顔でハキハキと話しましょう。それだけで、とても感じがよく感じるものです。

でも、お客様のいる空間で同僚と話しをする時など、笑顔を忘れていませんか? たとえ距離が離れていても、お客様には見られているものです。

言葉遣いも同じことですが、自分へ向けられていたものと全く違う物を目にすると、この人は裏表のある人なのかな? と思われてしまいます。

お客様がいる空間では常に口角を上げ、笑顔でいることを心がけましょう。もし、同僚や後輩に注意する事があっても、絶対にお客様の前ではしないこと。誰に対しても丁寧で笑顔で接することが大切です。

関連記事:お客さんの心はこう掴め!キャバ嬢が実践している接客の3つの極意

10:初対面と2回目に合う時の挨拶は変えよう(顔を覚える)

10

初対面の時もそれ以降も、笑顔で挨拶をすることは大切です。

しかし、いつも同じではいけません。「私は、あなたの事を覚えていますよ」と言わずに、笑顔と挨拶でそれをお客様へ伝えましょう。

目が合った時に声に出さず、また来てくれたのですね!と言う気持を込めて「あ!」と言う口の形を作り、大きめの笑顔で少し会釈するだけ、それを伝えられます。

そしてあらめて「いらっしゃいませ」「いつもありがとうございます」「こんにちは」と、それぞれのお店に合った挨拶をしましょう。

お客様にとって、お店の人が自分を覚えているということは、それだけでまたこのお店に来ようと思うほど大切です。

お客様の名前を思い出せない時でも、まずはこの方法で覚えていることを伝えましょう。

関連記事:本物の接客は本から学べ!接客販売の本7選

おわりに

smile-191626_960_720

一生懸命覚えないとできないようなことは、実は接客にはあまりありません。日常生活で大切なこと、例えば自分が客としてお店に訪れた時に、こんなふうにして欲しいなと思う接客を実行しましょう。

また、嫌な思いをした時、居心地の悪さを感じた時には、しっかり覚えておいて同じことをしないように気をつけることが、すばらしい接客を生むのです。





究極の接客業!?リラクゼーションスサロンで接客を勉強しにいこう

もっと接客上手になりたい!という方は、リラクゼーションサロンに行って接客術を参考にしてみるのも一つの手かもしれません。リラクゼーションサロンのセラピストは、お客様の身体を楽にする技術だけでなく、お客様の心までリラックスさせるためのコミュニケーション能力が必要になります。よって接客のコツを学ぶのにピッタリな環境なんです!

ぜひ自宅や会社近くのリラクゼーションサロンに訪れて、体と心をリラックスさせながら同時に接客のコツも学んでみてくださいね。

リラクゼーションをお得に体験!ご予約はEPARKで!

他店調査で接客のコツを学べる!?

リラクゼーションサロンに限らず、ショッパーズアイ等の覆面調査サービスに登録をして、接客態度や商品・サービスを評価する“覆面調査”に参加するサービスもあるので、こういったサービスを利用することで、他社のサービスを客観的に評価することで自身の接客の見直しや向上に役立つかもしれませんね。

関連記事:お金をかけずに他店のサービスを経験し、接客力を高めるコツとは!?

なかなか忙しくて「他店・他サービスに行って接客の勉強ができない」いう方は、接客のコツを本で学ぶのもいいですよ!

接客業はとても悩みやストレスも多いものです。しかし接客が上手くできるようになると喜びも増えていきます。

まずは「笑顔で挨拶をしっかりと」から始めて1つ1つ実行してみてください。全部できるようになった頃には、お客様とあなたの距離感が変わっていますよ!

このトピックスをみんなとシェアする
imasia_11820376_M

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

ページトップ