HOME マガジンTOP 美容・整体・リラク 今更聞けない!正しいスキンケア ~保湿編~
ed0426ba184fba9bfaba69ba6be4fb1e_s

今更聞けない!正しいスキンケア ~保湿編~

2017.10.16

女性だったら、ほぼ毎日している、スキンケア。
メイクを落としたり、洗顔をしたり、保湿をしたり・・・・
一言で「スキンケア」と言っても、一人一人スキンケアの方法は違うと思います。

一体、正しいスキンケアとは・・・?

当然ですが、人によって肌質や、体質や、生活習慣も違いますので、これが正しいというものはありません。
今回は、これからの冬の時期にとっても大切な、保湿のスキンケア方法をご紹介します。ぜひ自分のスキンケアを見直すきっかけにして下さい。

3a78e97aa4ac5e89d10bd7ffc00e3d66_s

肌質によって保湿の方法は変わるの?

あなたは、乾燥肌ですか?それともオイリー肌ですか?
色々な肌質の方がいるかと思いますが、ふっくらモチモチのお肌を保つためには、どんな肌質の方でも、とにかく保湿はしっかりすることです!!

乾燥肌の方はもちろんですが、オイリー肌の人も、保湿はしっかりとすべきです。オイリー肌の方は、ベタベタと塗ったりするのに、抵抗がある方がいるかもしれません。しかし、オイリー肌になってしまっている原因は、実は、保湿不足かもしれません。

人間の身体は優秀です。
例えば、多くの方が悩んでいる脚のむくみ。
むくみで悩んでいる方は、水分を多くとりすぎていると勘違いをしていて、水分をとらない方がいます。そうすると、身体が危険信号を感じ取り、水が無くならないように、身体の中に水分をため込み始めます。
これがむくみの原因になります。

お肌も同じです。
オイリー肌だからと言って、保湿をおろそかにしてしまうと、身体が危険信号を感じ取り、油分を出していきます。それがオイリー肌になる原因かもしれません。
しっかりと保湿がされていたら、身体が油分を出す必要がなくなるので、オイリー肌も改善されます。

乾燥肌の人も、オイリー肌の人も、保湿をしっかりとしましょう。
29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s

保湿の正しい方法

化粧水の保湿方法

洗顔が終わったあと、化粧水で保湿をする際に、手とコットンどちらを使って、保湿をしていますか?

おススメは、コットンです。
手での保湿だと、せっかく顔のお肌に保湿をしてあげたいのに、手のひらに化粧水が浸透してしまいます。
手のひらは、顔のお肌よりも、1日のうちに何度も手を洗い、いろいろなものを触り、一番頑張っているお肌です。そのため、手のひらでお顔を保湿しようとしても、手のひらがが水分を欲している場合、お顔の肌に水分が届く前に、手のひらに持っていかれます。
それを防ぐためにも、コットンで優しくパッティングして、保湿あげましょう。

コットンを使うポイントは、摩擦が起きないように、コットンがひたひたになるくらい化粧水をたっぷりしみこませてあげることです。
化粧水がもったいない、と思う方もいるかもしれませんが、高い化粧水を使う必要はありません。ここで、大切なのは、お肌に水分をたっぷあげられているかです。
IMG_9190

高い化粧水を、少しだけ塗るのであれば、安い化粧水をたっぷりとつけてあげたほうが、保湿の効果はあります。
化粧水で保湿が終わったら、乳液を手のひらに伸ばして、顔全体になじませてください。

乳液の保湿方法

朝のスキンケアだと、乳液をぬったら、メイクに入るかと思いますが、夜寝る前のスキンケアの場合は、乳液で終わりではありません。
乳液で保湿した後に、クリームでお肌にふたをしてあげることです。

実は、化粧水と乳液だけだと、せっかく保湿したにも関わらず、2~3時間で入れてあげた水分が飛んでしまいます。保湿を閉じ込めてあげるために、クリームでお肌にふたをしてあげて、寝ている間の乾燥を防ぎましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
毎日の保湿の方法を、見直すきっかけになりましたでしょうか?毎日のことなので、少しの努力が潤ったもっちり肌を作ります。特にこれからの季節、保湿が大切になってきます。

正しい方法で、乾燥の時期でもプルプルお肌を保ちましょう!
ed0426ba184fba9bfaba69ba6be4fb1e_s

このトピックスをみんなとシェアする
ed0426ba184fba9bfaba69ba6be4fb1e_s

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

ページトップ