HOME マガジンTOP 美容・整体・リラク 今更聞けない!正しいクレンジング・洗顔の方法
0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s

今更聞けない!正しいクレンジング・洗顔の方法

2017.10.16

女性だったら、ほぼ毎日している、スキンケア。
メイクを落としたり、洗顔をしたり、保湿をしたり・・・・
一言で「スキンケア」と言っても、一人一人スキンケアの方法は違うと思います。
FullSizeRender 9
一体、正しいスキンケアとは・・・?

当然ですが、人によって肌質や、体質や、生活習慣も違いますので、これが正しいというものはありません。
その中でも、今回は、1日頑張ったお肌を元気にさせる、夜のお手入れ方法、クレンジングと洗顔のより効果的なスキンケア方法をお伝えします!
ぜひ自分のスキンケアを見直すきっかけにして下さい。

IMG_8178

クレンジング・洗顔が美肌に導く効果とは?

効果のあるスキンケアをするためには、一つ一つの正しいスキンケアの積み重ねです。
例えば、化粧水だけは高級なものを使って、しっかり保湿をしている、という方がいます。

しかし、実際のお肌を見てみると、毛穴に汚れが詰まっている状態で、高級な化粧水を入れてあげても、全くお肌に浸透しません!
せっかくのお手入れの効果が半減してしまい、非常にもったいないです。
高い化粧品を使うのが良いのではなく、ドラックストアに売っているような、プチプラコスメでも、正しいスキンケア方法を実践すれば、美肌は目指せます!
そのスタートが、まずはお肌の汚れを落とす、クレンジングと洗顔なのです!
cb0de46d70aa5fcfa7a5767693561cc7_s

クレンジングの方法

1日頑張ったお肌は、ファンデーションや皮脂やホコリなど、沢山の汚れがついています。
まずは、クレンジングでしっかりと汚れを落としてあげます。
ここで大切なのが、いきなりお肌全体の汚れを落とし始めないことです。

ポイントメイクのクレンジング

まずは、ポイントメイクを落とします。
7f64a74ed8c459f1108c12ada55dc2b0_s

アイラインや涙袋のラメやしっかり付けたマスカラ・・・・
お肌全体の汚れと、ポイントメイクの汚れは全く違うものです。
まずは、専用のクレンジングや、綿棒を使て、ポイントメイクをささっと落としてあげましょう。
めんどくさいな・・・、と思うかもしれませんが、1分間これをやるだけで、大きな美肌効果が得られます!

実は、クレンジングで顔全体の汚れを落としたつもりでも、ポイントメイクは落ちていないことが非常に多いです。
ポイントメイクが落せていないと、そこから色素沈着が始まり、目の下のクマや、しわの原因になります。

寝不足が原因でクマが出来ていると思っていたものが、もしかしたら、メイクが落せていなかった色素沈着かもしれませんよ。
一度、色素沈着したものは、なかなか取れません・・・・。
毎日1分間だけささっと落としてあげたら、将来の高いエステ代が浮くかもしれません!

顔全体のクレンジング

クレンジングは、どんなものを使ったらよいのでしょう?

おススメは、クリームタイプのクレンジングです。一番肌に負担がかからず、乾燥しません。
0eaaf0d02b9630e7cda6a6609150d274_s
お肌は、ティッシュペーパー1枚ほどの薄さです。
とにかく優しく、手が肌に触れるか触れないかくらいのタッチで、汚れを落とします。強くこするから汚れが落ちるわけではありません。優しく触ってあげたほうが、汚れが浮き出てきてくれます。

クレンジングクリームを、さくらんぼ1.5個分程度出して、顔全体に伸ばします。中指と薬指の第二関節の部分を使って、お肌をくるくると触ってあげると、力も入らず優しく触れることが出来ます。

種類にもよりますが、クリームタイプは、汚れが落ちたタイミングがわかります。それは、クリームが肌に馴染んで、フッと軽くなる瞬間です。そのタイミングが来るまで、優しくクリームをなじませてあげてください。

メイク汚れが落ちたら、ぬるま湯でクリームを落としてください。
熱いお湯で洗ってしまうと、落としてはいけない油分まで落ちてしまうので注意です!
0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s

洗顔の方法

クレンジングが終わったら、次は洗顔です。
クレンジングと洗顔は同じじゃないの?と思っている方もいるかもしれません。
実は、全く違います。

クレンジングと洗顔が一緒になっている、便利なクレンジング・洗顔フォームもありますが、クレンジングと洗顔、どちらも行うことで、全く肌のきれいさが変わってきます。
これをダブル洗顔と言います。ぜひ、2ステップを行ってください。お肌が変わってきます。

洗顔のポイント

洗顔で、より美肌効果を出すには、たっぷりの泡で洗うことです。
洗顔フォームを手で伸ばして、ゴシゴシ洗うのはNGです。
洗顔では、クレンジングで落とせ切れなかった汚れをきめ細やかなたっぷりな泡で落としていきます。泡の大きさは、テニスボールくらいがベストです。
手のひらに、大豆粒2個分程度出して、少しずつ水を含めていき、泡立てると、大きな泡を作ることが出来ます。
5737e9ceca2ca57e3bbed16795f8e029_s
ただ、手で大きな泡を作るのはなかなか難しいです。

そんなときは、100円均一で買える、「あわわ」を使ってみてください!
瞬時に簡単に大きな泡が作ることが出来ます。
あわわ ダイソー
出典:instagram.com lucetenera.beauty_relaxation
たっぷりな泡で、優しく包み込むように洗ってあげると、お肌がしっとりふっくらに仕上がります。とにかく、優しく、お肌に負担がかからないように洗ってあげてください。

まとめ

クレンジングと洗顔の正しいスキンケア方法をご紹介しました。
クレンジングと洗顔のダブル洗顔で、毛穴に汚れのないきれいなお肌になったら、やっとお肌も化粧水や美容液などを受け入れられる体制が整います!
保湿の効果を発揮するためには、まずはお肌の汚れを落とさないと、せっかくお肌にあげた化粧水がお肌に届かずにそのまま蒸発してしまいます。
どんなに良いスキンケア製品を使っても、お肌が汚れで詰まっていたら、効果が半減してしまいます。

まずは、クレンジングと洗顔でしっかりと汚れを落として、1日頑張った肌をきれいにしてあげましょう!

夜と朝のスキンケアの方法は違います。
朝用の洗顔方法もこちらでまとめてありますので、ぜひ参考にしてください!
▼朝洗顔の正しい方法はコチラで紹介しています♡
URL:朝洗顔はしないほうがいい?したほうがいい?朝洗顔の正しい方法を教えます♡

このトピックスをみんなとシェアする
0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

ページトップ