HOME マガジンTOP 美容・整体・リラク 肩こりは筋肉痛と関連あり?その見分け方とは?
axis151007379384_tp_v

肩こりは筋肉痛と関連あり?その見分け方とは?

2016.10.17

axis151007379384_tp_v

痛みと言っても色々ありますが、肩こりに悩まされているという女性はかなり多いことでしょう。でも、そもそも肩こりって何で起きるの?どこが痛んでいるの?と聞かれると、パッと思いつきませんよね。そこで今回は、肩こりと筋肉痛の関わりについて見ていきましょう!

肩はいいけど鎖骨周りがすっきりしない・・・そんな肩は下記記事を要チェック!

関連記事:美しさは鎖骨から!女子必見のきれいなデコルテの作り方&見せ方まとめ【5選】

肩こりと筋肉痛の違いって?

ozpa87_katakorigayabai20130707_tp_v

肩こりも筋肉痛も、同じ「痛み」を伴うもの。どちらも、肩の筋肉が硬くなることで痛みが発生するという共通点があります。違いは、筋肉が硬くなるプロセス。肩こりは、長時間同じ姿勢や無理な姿勢を続けることで、肩の筋肉が疲れて「乳酸」という疲労物質が溜まることで筋肉が硬くなります。それに対して、筋肉痛はスポーツなどで筋肉に負荷をかけることで引き起こされるものなんです。

なんで肩こりと筋肉痛が関連しているの?

omg150918290i9a6418_tp_v

肩こりと筋肉痛を比べてみると、筋肉痛は数日で治る場合がほとんどであるのに対して、肩こりの方は「悪い姿勢→筋肉の硬化→肩こり→痛み→悪い姿勢→肩こり」という悪循環から抜け出せなくなって長続きしてしまうということが考えられます。

肩こりの痛みも筋肉痛のようにすぐ改善できれば良いですよね。実は、コリが溜まる前にきちんとケアをすれば肩こりもすぐに治る可能性が!

肩こりも筋肉痛もどうしたら解消できるの?

omg151007579125_tp_v

では、具体的な解消法を見て見ましょう。まず肩こりは、肩全体をあたためる・ゆっくり半身浴・マッサージ・ストレッチ・塗り薬・貼り薬が効果的。

筋肉痛には、痛む場所を温める(冷やすのは熱を持っている最初のみ)・体を軽く動かす・アミノ酸、ビタミンB1、クエン酸を摂取するといった方法が効果的。ぜひ試してみてくださいね!

最後に

いかがでしたか?肩こりがクセになってしまっているという方でも、あきらめないでストレッチなどのケアを継続すればどんな肩こりも改善できます!痛みのない生活を送るためにも、色々な方法を試してみましょう。

下記記事の「肩甲骨はがし」もおすすめ!

関連記事:えっ!こんな効果も!?美容に健康に大注目の”肩甲骨はがし”の魅力【5選】

このトピックスをみんなとシェアする
axis151007379384_tp_v

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

ページトップ