HOME マガジンTOP 美容・整体・リラク 冬の粉ふき肌にさようなら!しっとりお肌を取り戻そう
1

冬の粉ふき肌にさようなら!しっとりお肌を取り戻そう

2015.11.12

普段はあまり乾燥に悩んでいない人まで、カサカサのお肌に変わってしまいがちな冬の季節。
ひどい方は、お肌から粉が吹いてしまうなんてこともありますね。
冬が本格化する前の今からしっかり保湿対策をして、しっとりうるうるのお肌をキープしましょう!

「粉ふき肌」の原因

1

① 乾燥

乾燥が進むと、皮膚や細胞の脂質が減って細胞間のつながりが切れ、角質が剥がれやすくなります。
その角質こそが、冬のお肌を悩ませる「粉」となって現れるのです。
比較的皮膚の油分が多い夏と同じ保湿量では、冬の乾燥には全く太刀打ちできません。
空気の乾燥攻撃をダイレクトに受けないためには、お肌の乾燥量を上回る勢いで保湿しなければいけないのです。

② 血行不良

血行が悪くなると、細胞に十分な栄養や酸素が行き渡らずに弱ってしまいます。
乾燥と並ぶ冬の大敵「冷え性」は、なんとお肌トラブルまで引き起こしていたのです!
保湿のみならず、全身を温めて血流を良くすることも、お肌を守るためには大事なのですね。

③ 栄養不足

上記2つの原因でも触れているように、お肌のトラブル原因を根本までさかのぼると、「細胞」の存在が非常に重要になってきます。
身体のあらゆる部位を作る細胞に栄養が渡らなければ、もちろんお肌にもガタがきてしまうのです…。

④ 洗いすぎ

これはうっかりやってしまいがちな行動ですが、身体の洗いすぎはお肌に良くないのです。
汚れをとる程度にとどめておかないと、身体のうるおいを保つために必要な皮脂までも余計にとってしまうことになり、お肌の乾燥を助長してしまう結果に。

⑤ 暖房のつけすぎ

あまりの寒さに耐えかねて、部屋中を暖房でぬくぬくにしている方は要注意!
暖房は室内の空気をものすごい勢いで乾燥させてしまいます。
とは言え、暖房をつけずに真冬を乗り切るのは至難の業です。
適度な換気を行ったり、加湿器を置いたりして対策をとりましょう。

乾燥対策

2
それでは、実際にどのようにして粉ふき肌を防ぐか、見ていきましょう。

① 蒸しタオル

化粧水や乳液などでいくら保湿しても乾燥してしまう方は、スキンケアの前に蒸しタオルで顔を温めましょう。
水に濡らしたタオルを1分ほど温めるだけで手軽にできてしまいます。

② マッサージ

入浴後など、肌が温まっている間にマッサージを行って血流促進を図ります。
マッサージオイルやスチームクリームなどで、お肌に無理な摩擦を与えないように注意しましょう。

③ 念入りな保湿

自分が気になる箇所は特にしっかりと保湿してあげましょう。
くれぐれも優しくタッチすることを忘れずに!

さいごに

3
いかがでしたか?
迫りくる冬の寒さとお肌の乾燥の危機を、しっとり乗り切りましょう!

出典:http://mery.jp/172147
このトピックスをみんなとシェアする
1

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

ページトップ