HOME 検診TOP 婦人科検診

婦人科検診を検索して予約

Powered by ここカラダ

女性特有の病気を検査する婦人科検診。乳がんや子宮頸がんの早期発見を中心にしている検査で、まさに女性の健康と生活を支えるための検診です。受診は任意なので、特に20代の若い方など、まだ受けたことがない女性も少なくないかもしれません。しかし、子宮頸がんは20〜30代で発症リスクが高まるがんです。早い時期から定期的な受診を心がけましょう。

人間ドックの検査コースを探す

都道府県の選択
路線の選択
金額の選択

婦人科検診の豆知識

婦人科検診はこんな方におすすめです

婦人科検診を受診した方が良い方

  • 乳がんや子宮頸がんが気になる方
  • 将来、妊娠・出産を考えている方
  • 性交渉の経験がある方

婦人科検診でわかる病気は?

女性特有のがん「乳がん」と「子宮頸がん」の早期発見のために行われている婦人科検診。女性の間では、デリケートな内容でもあるため、“いちばん行きにくい”検診と感じている方が多いようです。しかし、乳がんは女性がもっともかかりやすいがん。そして、子宮頸がんは、性交渉による感染から発症し、10代でも経験があれば発生リスクがあります。婦人科検診は、女性の将来の安心をつくる、大切な検診なのです。

  • 乳がん

    女性がかかるがんの中で、最もなりやすいがん。特に30代後半から急増して、40代でピークを迎えます。しかし、早期発見・治療により、高い確率で治療することが可能です。

  • 子宮頸がん

    子宮の入り口近くにある「子宮頸部」にできるがん。初期症状がなく、進行状況によっては子宮を摘出しなければなりません。重症であれば、命に関わることも。

「乳がん」と「子宮頸がん」で行われる検査内容

各検査で何を診断しているの?

病院やクリニックで多少の違いはあるものの、婦人科検診の内容といえば以下のような検査です。会社での健康診断や人間ドックのオプションでも乳がんや子宮頸がん検診はありますが、より具体的に異常がないかを調べるためには、やはり婦人科検診の受診がおすすめです。

  • マンモグラフィー

    乳がん

    早期のがんを発見できる、乳房専用X線撮影検査。しこりとして認識できない「石灰化」などの症状を発見することができます。また、乳腺全体の撮影や、過去の画像との比較もできるので、組織の微妙な変化や経年での違いを詳しく調べることが可能です。

  • 乳腺超音波検査

    乳がん

    乳房に超音波をあて、その反射する様子を画像にして乳がんを調べる検査。まだ認識できないほどの小さな腫瘍を発見することができます。X線を使用しないので、放射線被曝の心配がありません。


  • 子宮頸部細胞診

    子宮頸がん

    細胞の状態を顕微鏡で調べる検査。綿棒やヘラのような専用器具で、子宮頸部やその周囲の細胞を採取、その細胞を染色して、異常がないかどうかを判定します。



  • 経膣超音波検査

    子宮頸がん

    膣内にプローブという専用機器を入れ超音波をあて、その反射する様子を画像にして病気を調べる検査。子宮や卵巣の状態を詳細に診断することができ、子宮頸がんだけではなく、卵巣がんなどの検査にも利用されています。

「マンモグラフィー」と「乳腺超音波検査」の違いは?

どちらも、早期の乳がんを発見できる検査ですが、それぞれ得意・苦手な分野があります。ぜひ、チェックしておきましょう。

メリット

マンモグラフィー

「小さいしこり」、「石灰化」を発見するのが得意。撮影者の違いによる差がなく、誰が撮影してもほぼ同様の結果。60代以上の熟年層に対して、高い精度で判定できる。検診での有効性が、唯一認められている。

乳腺超音波検査

「小さい腫瘍」や「しこりにならない乳がん」を発見するのが得意。X線を使用しないため、繰り返し検査を受けても安心。30代までの若年層に対して、高い精度で判定できる。

デメリット

マンモグラフィー

撮影しやすいように乳房を板で挟んで固定するため、人によっては痛みを感じる。X線撮影のため、妊娠中は適さない。乳腺が多い50代以下の方の場合、異常を発見しづらい。

乳腺超音波検査

動画での判定のため、医師の診断技術により結果が左右される。小さな石灰化を発見するのが苦手。乳がん検診での有効性はまだ証明されていない。

子宮頸がんは予防できる!

子宮頸がんは、妊娠や出産、そして命といった将来の可能性を奪ってしまう恐ろしいがん。その原因となるのが、性交渉によって感染するHPV(ヒトパピローマウイルス)です。HPV自体は、女性の80%が一生に1度は感染するといわれるほど、ありふれたウイルスですが、「ハイリスク型HPV」の感染や免疫力の低下時などによる感染で、子宮頸がんリスクが高まります。しかし、定期的な検診により、まだがんになっていない状態「前がん病変」を見つけることが可能。つまり、がんになる前に治療することができるのです。少しでも心配があれば、ぜひ健診を受けるようにしましょう。

婦人科検診受診のコツ

信頼できる“ホームドクター”を見つけておくのがコツ!

婦人検診があまり受診されない大きな理由のひとつに、緊張や不安が挙げられます。初めての病院やクリニック、または男性医師の担当にストレスを感じてしまう方も多いようです。しかし、病気を遠ざけるためには、やはり定期的な検診が必要不可欠!そのためには、例えば女医や女性スタッフのみのクリニックなど、気軽に通える婦人科を探しておくことが大切です。病気になる前に信頼できるホームドクターを、ぜひ見つけておいてください。

婦人科検診は何歳から、どのくらい受けるべき?

乳がんは30代後半〜、子宮頸がんは20〜30代と、それぞれの発症しやすい年齢は異なりますが、発症リスクはそれ以外の年齢の方にもあります。自分の受診ペースを決めることが大切です。以下を参考にしてみてください。

10代後半〜30代の方

乳がんの発症は30代後半以上の年齢に比べ、20代ではまれです。しかし、血縁者に若く乳がんになった人がいる場合は、発症リスクあります。20代後半から2年に1度は受診するようにしましょう。子宮頸がんは近年、若い方の間で増加しています。受診のタイミングは、初めて性交渉を持った年から5年後がベストとされており、厚生労働省では20歳から2年に1度の検診を推奨しています。

40代以上の方

定期的に婦人科検診を受けている方の中では、2年に1度のペースが多いようです。血縁者にがんになった人がいるなど心配な場合は、1年に1度の検診でがんリスクを抑えていきましょう。また、40代後半は、「子宮体がん」や「卵巣がん」の発症リスクも高まる年代です。婦人科検診とともに、これらの検査も一緒に受診しておくことをおすすめします。

検診からさがす

女性ならチェックしておきたい検診

  • レディースドック
  • 婦人科検診
  • 乳がん検診
  • 子宮がん検診

項目別検診

  • 人間ドック
  • 脳ドック
  • PET検診
  • 心臓ドック
  • 胃がん検診
  • 大腸がん検診
  • 肺がん検診

ページトップ