HOME 検診TOP レディースドック

レディースドックを検索して予約

Powered by ここカラダ

女性特有の病気の検査を中心にしたレディースドック。婦人科検診に似ていますが、乳がん・子宮頸がんの検査だけではなく、健康診断的な内容も含みます。いわゆる女性専用の人間ドックで、年齢により変わりやすい女性の体をしっかりと支えてくれる検査です。病気の有無はもちろんですが、自分の健康状態を把握するためにも、定期的にレディースドックを受けましょう。

人間ドックの検査コースを探す

都道府県の選択
路線の選択
金額の選択

レディースドックの豆知識

レディースドックはこんな方におすすめです

レディースドックを受診した方が良い方

  • 健康診断を定期的に受診できない方
  • 性交渉の経験がある方
  • 生理痛が重い方
  • 血縁者にがんになった方がいる

レディースドックでわかる病気は?

人間ドックでは、女性特有の病気を詳しく検査するメニューがないため、別途、婦人科検診を受ける必要がありました。しかし、健康状態と病気リスクを別々に検査するのは時間もお金も大変。そこで、人間ドックと婦人科検診をセットにしたのがレディースドック。健康状態と、乳がんなど特有の病気のリスクを1度で知ることができる、女性にとって心強い味方です。レディースドックでわかる病気を見ていきましょう。

  • 乳がん

    30代後半から急増し、40代でピークを迎える、女性が最もかかりやすいがんです。しかし、早期発見により治るがんでもあり、がんが2センチ以下で転移していない場合、10年後の生存率は約90%といわれています。また、早期の乳がんであれば、乳房を残せる「乳房温存手術」が治療に適用されます。



  • 子宮頸がん

    子宮がんの一種で、性交渉から感染するHPVで発症するがんです。最近は若い女性の間での発症が急増していて、20~30代の女性がもっともかかりやすいがんになっています。初潮を終え、性交渉の経験があるすべての女性に発症リスクがあります。早期であれば、がんの中では治りやすいがんといわれていますが、初期症状がほとんど出ないため、定期的な検査が必要です。

  • 子宮腺筋症

    本来、子宮内腔にあるはずの「子宮内膜」が、それ以外の場所にできてしまう病気です。生理痛や性行痛などの痛み、過多月経や貧血が主な症状として現れます。20代後半〜30代後半の女性に多く見られますが、その発症の原因ははっきりとはわかっていません。がんのように命にかかわることはありませんが、難産・不妊につながる要因になり、女性にとってとても怖い病気のひとつです。

  • 怖い不整脈

    不整脈には生理的にも生じますが、病気に起因するタイプもあります。不整脈とともに、息切れや胸痛、強いめまいがある場合は、心疾患の疑いがあります。

レディースドックで行われる検査内容

年に1度は受けたい基本検査はこの3つ

  • マンモグラフィー

    乳がん

    X線撮影装置による乳がん検査です。触診では判定できない、小さなしこりや「石灰化」を詳しくチェックすることができます。早期のがんの発見が得意で、これまで見つかっているがんの70%が早期の状態です。マンモグラフィーのほか、「乳腺超音波検査」という検査もあり、乳腺の多い20代〜40代の女性の乳がん検査に適しています。

  • 子宮頸部細胞診

    子宮頸がん

    子宮の入り口にある子宮頸部周辺の細胞を、綿棒や専用器具で採取。細胞に異常がないかどうかをチェックする検査です。細胞を採取するといっても、痛みや出血はほとんどの場合ありません。





  • 経膣超音波検査

    子宮腺筋症

    プローブという器具を膣内に入れて行うエコー検査です。子宮内の状態を詳細にチェックすることができます。子宮腺筋症だけではなく、「子宮筋腫」や、「卵巣がん」など、女性特有の病気の診断に幅広く利用されています。お腹から超音波をあてる「腹部内視鏡検査」もありますが、経膣超音波よりも精度は劣ります。

ライフスタイルによって、メニューを選ぼう!

上記はあくまでも基本。レディースドックの上手な受診は、「マンモグラフィーと乳腺超音波検査」のように、年齢や環境に応じた検査メニューを選ぶことにあります。以下のような検査も、ぜひ自分のタイミング合わせて受診するようにしてください。

子宮頸がんの発症率が高まる20〜30代の方
HPV検査

子宮頸がんのリスクになるHPVの中でも、ハイリスク型HPVというウイルスを詳細に調べる検査です。子宮頸部細胞診のみの場合、約2〜3割は異常のある細胞を見逃すといわれていますが、HPV検査との併用でほぼ100%チェックすることが可能です。

子宮体がんの発症率が高まる40歳以上の方
子宮体部細胞診

子宮体がんは、子宮頸がんとは異なり、ホルモンバランスや不規則な生活習慣などが要因になるといわれています。また、発症部も違いますので、リスクが高まる40歳以上の方は、検査を受けるようにしましょう。子宮体部細胞診と経膣内視鏡の併用がおすすめです。

レディースドック受診のコツ

自分に合った病院やクリニックでの受診がコツ!

レディースドックは検査の基本項目はおおよそ同じですが、病院やクリニックごとに内容は様々。また、最近では、女性スタッフのみで担当や、プランも半日コースや、友人と一緒に受診できるコースなど、いろいろ用意されているようです。多彩な実施機関とプランの中から選ぶのは大変かとは思いますが、自分に合っていて無理なく通い続けられるレディースドックを選んでいきましょう。

検診からさがす

女性ならチェックしておきたい検診

  • レディースドック
  • 婦人科検診
  • 乳がん検診
  • 子宮がん検診

項目別検診

  • 人間ドック
  • 脳ドック
  • PET検診
  • 心臓ドック
  • 胃がん検診
  • 大腸がん検診
  • 肺がん検診

ページトップ