HOME 検診TOP 脳ドック

脳ドックを検索して予約

Powered by ここカラダ

時には命を落とすなど、重症になりやすい脳の病気ですが、その脳の健康状態をしっかりとチェックするのが脳ドックです。MRIやMRAを使った画像診断やエコー検査などで、病気の兆候を探っていきます。ある程度の年齢となり、脳の状態が気になる方は、ぜひ受診をおすすめします。

人間ドックの検査コースを探す

都道府県の選択
路線の選択
金額の選択

脳ドックの豆知識

脳ドックはこんな方におすすめです

脳ドックを受診した方が良い方

  • 脳の健康状態が気になる
  • 血圧やコレステロールが高い
  • 不整脈がある
  • 血縁者に脳血管疾患の方がいる

知っておきたい脳血管疾患!

「脳血管疾患」とは、脳の動脈に起こるトラブルがもとで発症する病気の総称です。「脳梗塞」、「脳内出血」、「くも膜下出血」が代表的で、まとめて「脳卒中」と呼ばれています。以前は、日本ではがんよりも死亡率が高いことで知られていました。また、言語障害や手足の麻痺など、深刻な後遺症が残りやすい病気でもあります。

  • 脳梗塞

    体内の血管の中にできた血栓が、脳の血管まで運ばれて動脈が詰まってしまう病気。脳血管疾患の中で最多の死亡率です。

  • 脳内出血

    脳内の血管が何らかの理由で破れてしまい、脳の中で出血が起こる病気。以前は、「脳いっ血」という病名で知られていました。

  • くも膜下出血

    脳表面にあるくも膜の下の、脳脊髄液という部分に出血が見られる病気。脳内の血管に血液のコブができ破裂することで発症します。

脳ドックで行われる検査内容

各検査で何を診断しているの?

さまざまな面からの診断で脳動脈の異常を診断する脳ドック。診断を行うのは脳の状態だけではありません。脳血管疾患の引き金になる高血圧や動脈硬化も重要なチェックポイントで、「血圧測定」や「血液検査」、そのほか「尿検査」、「眼底検査」も用意されています。つまり、脳の健康を維持するためには、全身の健康も欠かせないのです。

  • MRI・MRA検査

    脳内を診断

    MRIは、脳の断面を画像化。脳梗塞の状態を詳細に映し出します。MRAは、血管を立体的に診断でき頸動脈の検査にも使用されます。血流が細い血管も見つけることが可能です。

  • 頸動脈エコー検査

    動脈を診断

    頸部などに超音波を当て、脳動脈を映像化。血流の状態、血管の閉塞や動脈硬化を調べることが可能です。


  • 心電図

    不整脈を診断

    心臓の筋肉の収縮運動をグラフ化。脳梗塞の原因の不整脈や虚血、心筋梗塞があるかどうかをチェックすることが可能です。


脳血管疾患は、「発症させない」がポイントです

脳血管疾患は数ある病気の中でも、発症すれば命に関わり、深刻な後遺症の可能性もある恐い病気です。しかし、自覚症状がまったくなく発症するケースが少なくなく、昨日まで元気だった人が突然倒れてしまうことも。将来の脳血管疾患のリスクを如何に抑えるかが重要であり、そのためには脳ドックが最良の手段となります。

脳ドックは30代後半から!

脳ドックというと、高齢者向けの検査というイメージがあるかもしれませんが、それは違います。検査の目的は主に、脳血管内の「未破裂のコブ」を見つけること。コブは「脳動脈瘤」と言い、くも膜下出血の原因ですが、多く脳動脈瘤が見られるのは、30代後半から60代にかけての年代。つまり、働き盛りの方にこそ受診してもらいたい検査なのです。そして、初期の段階で見つけ治療できる検査は、脳ドック以外にはありません。

脳ドック受診のコツ

脳ドックの頻度はどのくらい?

30代の方
3年に1度!

脳梗塞のような脳の病気も、生活習慣病や動脈硬化と密接な関係があります。これらのリスクが高まる30代後半から脳ドックを受診して、脳血管障害のリスクを抑えていきましょう。

40代の方
2年に1度!

仕事や育児で忙しい年代だからこそ、病気の発見が遅くなりがち。体をいたわる気持ちで、脳ドックもぜひ定期的に受診するようにしましょう。

50代以上の方
1年に1度!

50代以上の方は、病気のリスクを遠ざけることがまず大切。患えば命の危険にも直結する脳血管障害。今は問題を感じていなくても、脳の健康状態を把握しておくことが、将来の健康につながります。

覚えておきたい脳ドックのプラン

脳ドックにも種類があり、スタンダードな「日本脳ドック学会推奨ドック」の他、「簡易脳ドック」や「プレミアム脳ドック」といったプランもあります。

日本脳ドック学会推奨ドック
初めての方にオススメ!
  • 費用:およそ5万円〜7万円
  • 検査の種類: 「MRI・MRA」・「頸部エコー」・「CAVI検査」・「採血」など
  • 時間:2時間〜3時間程度

Check Point!
脳ドックといえばこのプラン。脳の状態だけではなく、脳梗塞はじめ様々な病気の原因となる動脈硬化などのリスクも検査します。

簡易脳ドック
普段、病院に行く時間がない方にオススメ!
  • 費用:およそ2万円〜3万円
  • 検査の種類: 「MRI・MRA」、「心電図測定」など
  • 時間:およそ1時間程度

Check Point!
脳血管障害の有無を検査。短時間かつ低料金で調べられ、育児や仕事で忙しい方も受診しやすい脳ドックです。

プレミアム脳ドック
健康状態を詳しく知りたい方にオススメ!
  • 費用:およそ10万円〜12万円
  • 検査の種類: 脳ドック検査+α
  • 時間:約3時間程度

Check Point!
脳ドック学会プランに「胸腹部CT」や、「腫瘍マーカー」、「脳梗塞リスクチェック」などを追加したプラン。脳はもちろん、全身の健康状態や病気リスクをくまなく知ることが可能です。

検診からさがす

女性ならチェックしておきたい検診

  • レディースドック
  • 婦人科検診
  • 乳がん検診
  • 子宮がん検診

項目別検診

  • 人間ドック
  • 脳ドック
  • PET検診
  • 心臓ドック
  • 胃がん検診
  • 大腸がん検診
  • 肺がん検診

ページトップ